“木”を原点に、「住みやすく・心やすまる楽しい家」

中倉製材所のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
当社は岐阜県の山間部に位置し、川や山など自然豊かな場所にあります。
林業をはじめ、木工など、木造建築に携わる職人さんが多い町です。
時代の流れと共に建築様式もずいぶん変わってきましたが、
当社は原木を製材工場で製品化し、その材料で家ができるという、
独自のオリジナル設計で家づくりを提供しています。

日本の暮らしに最適な「東濃ひのきの家」

日本の建築の歴史の中で、長い年月の間使われ続けているひのきは、
日本の建造物にとって最も適した建築素材といえます。
同じ重さの鉄と木の強さを比べると、圧縮の強さは鉄の約2倍、引っ張りの強さは約4倍もあります。日本のような地震の多い国では、軽くて強い木材で家をつくることが適しています。
また高温多湿の日本の風土には、湿度調整に優れ、快適性が保てる上、夏涼しく冬は暖かい断熱効果に優れたひのきの家が最適といわれています。

ひのきは高級といわれてきた建材ですが、中倉製材所は、産地直送・直営工場によるコストダウンで、お客様にもっと身近に感じていただけるよう努力をしています。





© NAKAKURA DESIGN. All Rights Reserved.